イトー ES-515
イトー ES-515
イトー ES-515

低周波治療器(JMDNコード:35372000)イトー ES-515

Hi-VoltageとMCRの2つの電気刺激モードを搭載。機能を厳選した一台で、より効率の高い治療をお届けします。

メーカー希望小売セット価格(本体+吸引装置1台) 1,980,000円(税抜)

・本体価格 1,480,000円(税抜)
・吸引装置 680,000円(税抜)

管理医療機器(特定保守管理医療機器)〈クラスⅡ〉
医療機器認証番号 222AABZX00186000

電気刺激療法でニーズの高い、高電圧の刺激が深部に浸透する「Hi-Voltage」と、微弱な電流で創傷の治癒を促進する「MCR」の2つの電気刺激モードを搭載。より効率的な治療を実現するために、それらを連続して出力するシーケンシャルプログラムや、操作性抜群のマウス型導子も標準装備しました。吸引装置や超音波治療器とも組み合わせて使えるので治療の幅も広がります。効果も使いやすさも備えたITOならではの一台を、毎日の治療にぜひご活用ください。

ニーズの高い、2種類の電気刺激モード

Hi-Voltageモード[高電圧電気刺激療法]

Hi-Voltageモード
治療例:Hi-Voltageモード

高電圧(ピーク電圧値:150V)で短時間に加えられたツインピーク波形の電気刺激が、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達。疼痛の軽減、治癒促進などに利用できます。出力極性を3種類(プラス/マイナス/交互)切り替え可能です。

MCRモード[マイクロカレント療法]

MCRモード
治療例:MCRモード

もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与えます。ほとんど刺激を感じない極めて弱い電流で神経や筋を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減に有効です。

シーケンシャルプログラムを搭載(連続治療モード)

Hi-VoltageモードまたはMCRモードで登録されているプログラムを連続して出力することが可能です。

【設定例】
   ① Hi-Voltageモード  →  ② MCRモード
   ① MCRモード          →  ② MCRモード
   ※②にHi-Voltageモードのプログラムは選択できません。

超音波治療器とのコンビネーションが可能

超短波治療器とのコンビネーションが可能
治療例:
超音波治療器とのコンビネーション

コンビネーションケーブルを使えば、超音波治療器UST-770、US-711、US-731、US-750、US-730、US-710と接続して使用可能に。より多彩な治療が行えます。

操作性抜群の導子を装備可能

マウス型導子

マウス型導子

電圧の出力・停止の切り替えを頻繁に行うHi-Voltageモードの操作がボタン1つで簡単に行えます。また、本体のパネルを操作せずに、ダイヤルにより指1本で出力のアップダウンが可能です。
MCRローラー導子(別売)

MCRローラー導子(別売)

MCRモードで使用できるローラー導子。ゲルを使わず、ローラーを転がしながら使うことができるため、部位を選ばず、多角的な使用を行え、広範囲の治療が可能です。

吸引装置との組み合わせで、幅広い治療が可能

吸引装置との組み合わせで、幅広い治療が可能

オプションの吸引装置には、連続/間欠(FAST)/間欠(SLOW)の3種類の吸引モードを搭載。使用目的に応じて選択できます。本体と吸引装置の切り替えは、液晶タッチパネルから行えます。

仕様

イトー ES-515

定格電源 AC100V(50/60Hz)
定格消費電力 50VA
電源に対する
保護の形式と程度
クラスI・BF形
サイズ (W)285×(D)251×(H)107(mm)
重量 約3.2kg

吸引装置

定格電源 AC100V(50/60Hz)
定格消費電力 70VA
サイズ (W)345×(D)267×(H)115(mm)
重量 約7kg

当Webサイトは、医療関係者向けサイトです。
一般の方、患者として医療機器をご利用になる方は「一般のお客様向けサイト(コーポレートサイト)」をご覧ください。

製品に関するお問い合わせ

TEL:03-3812-1216
受付時間:平日9時~17時30分(土・日・祝休み)
E-mail: medhonbu@itolator.co.jp

製品に関するお問い合わせ

PAGE TOP