学会・セミナー情報

セミナー情報

【Deciphering Dysphagia with the Effective Swallowing Protocol (ESP) 】
~実用的嚥下プロトコル (ESP)の活用による嚥下障害の攻略~


【 講 師 】Russell A.Campbell 先生

Ampcare, LLC 社長
Northwestern University 卒業
理学療法士 (米国イリノイ州・テキサス州)
実用的嚥下プロトコル(ESP)の開発者の一人

【講師・通訳】安孫子 幸子

伊藤超短波株式会社
学術部 部門長
理学療法士

【 通 訳 】林 寛人

伊藤超短波株式会社
学術部
理学療法士


【セミナースケジュール】

1.午前(9:00〜12:00)
      ① 実用的嚥下プロトコル(ESP)概念の構築
      ② ESPの有効性に関するEBM研究
      ③ 神経筋電気刺激療法(NMES)に関連する解剖・生理学

〜〜〜 昼休憩 〜〜〜(12:00〜12:30)

2.午後(12:30〜17:30)
      ④ 筋線維の違いとその動員パターン
      ⑤ NMESとAmpcare社のESP介入法のパラメータに関する基本原則
      ⑥ ESP下の嚥下造影検査(VF)
      ⑦ 導子の配置、姿勢保持装置(RPD)の使用と推奨される運動療法
      ⑧ 実技:電気刺激装置の設定方法と導子の配置方法
      ⑨ 口腔運動に対するESP - 顔面への導子の配置
      ⑩ テストと質疑応答

セミナーのお申し込み

※セミナーにお申し込みの方は、上記「セミナーのお申し込み」から必要事項を記入してお申し込みください。

PAGE TOP